2019年2月20日水曜日

デビットカードで支払える格安SIM3つ

格安SIMの料金の支払い方法は、基本的に3つあります。

クレジットカード、口座振替、そしてデビットカードです。

今回は、その中の学生や主婦の方でも持てるデビットカードで支払える格安SIMを3つピックアップしました。ぜひ参考にしてください。

最も一般的な支払方法はクレジットカードだが…

毎月の料金を極限まで安くできる格安SIM。

現在、格安SIMのシェア率は増えており、今後ますますその数値は拡大することが予想されます。

そんな格安SIMの支払いで最も一般的なのは、「クレジットカード」です。全体の約80〜85%の人がクレジットカードで毎月の料金を支払っていると思います。

あとは、「口座振替」と「デビットカード」で支払いをしている人がちらほらという感じです。

確かにクレジットカードは便利ですが、収入の安定しない学生や主婦の方など誰でも作られるものではありません。

そのため、クレジットカードを持っていないと必然的に格安SIMの選択肢が狭まるのです。

そこで便利なのが発行に審査などのないデビットカードで、学生など若い人でも基本的には作られるカードなのです。

デビットカードで支払い可能な格安SIMその1:楽天モバイル
楽天モバイルでは、楽天銀行、スルガ銀行のデビットカードで支払い可能です。その他、口座振替にも対応しており、非常に柔軟性のある格安SIM会社です。

楽天モバイルの公式サイトに、対応デビットカードであれば支払いが可能と明記されており、デビットカードでの支払いを公にするのはとても珍しいことです。

楽天モバイルは、Docomo回線とau回線にも対応したマルチキャリアで、人気格安SIMの1つです。
プランも低速通信が使い放題のものから30GB/月使えるものまであります。あと、利用金額に応じて楽天スーパーポイントが貯まるのも嬉しいポイント。

デビットカードで支払い可能な格安SIMその2:mineo
2つ目は、Docomo、au、SoftBank回線に対応した「mineo」です。

最近になり、マルチキャリアに対応した格安SIMは増えていますが、国内3キャリアを網羅した格安SIMは珍しい。

mineoでは、クレジットカードとデビットカードでの支払いに対応しており、だいたいのデビットカードで支払いができます。

mineoの公式サイトには、「デビットカードは登録できない場合がある」と記載されていますが、実際には月額料金の支払いができるデビットカードを登録できるので、基本的には使えると思っていいです。

今後、mineoを契約する予定で何かデビットカードを作ろうと思っている人は、月額料金の支払いができるものをチョイスしてください。楽天銀行やスルガ銀行などが定番で間違えないと思いまうす。

mineoのプランは、500MB/月〜30GB/月使えるものまであるので、最適なものが見つかると思います。

デビットカードで支払い可能な格安SIMその3:ロケットモバイル
基本的にどのデビットカードでも支払いが可能な「ロケットモバイル」。

ロケットモバイルの公式サイトにも、何の制限も設けていない旨が記載されており、デビットカードの発行元が決済を拒否していなければ基本的に支払いできるということです。

ロケットモバイルは、格安SIMの中ではそこまでメジャーではありませんが、基本料金の安さが最大の特徴。会員登録や資料請求などの案件をこなすと、ロケモバポイントが付きもっと安くなります。

ロケットモバイルには、Docomo回線プランとSoftBank回線プランがあります。SoftBank回線プランは、プラン種類自体少ないもののSoftBankの端末でも利用できるのは嬉しいポイントです。
まとめ
いかがでしたか?今回は、デビットカードで支払える格安SIMについてでした。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

2019年1月28日月曜日

格安SIM最新

【2019年1月】オススメの格安SIM3選

毎月の利用料金を大幅に節約できる格安SIM。

ここ数年で利用者が急激に増えており、テレビCMや街中の広告でもよく見かけるようになりました。

今回は、2019年1月現在のオススメ格安SIMについて書きます。安さ、通信速度、人気の3点を基準に選びました。

そもそも格安SIMとは?
テクノロジーに詳しい人からそうじゃない人まで、「格安SIM」という言葉は徐々に浸透しています。

おそらく、ほとんどの人がサービスの詳細はよくわからないものの、「格安SIM」という言葉を一度は聞いたことがあると思います。

格安SIMとは、Docomoやauなど大手キャリアから通信設備を借りて提供される通信サービスのことです。

名前の通り、格安にスマートフォンを利用できる画期的なサービスなのです。
プランなどによって異なりますが、3大キャリアの約半分以下まで料金を抑えることができます。

1月現在の人気オススメ格安SIM
特に、格安SIMの通信速度は利用者の多さによって変動することがあるので、その時によってオススメするものが変わることがあります。

そのため、ここで紹介するのは2019年1月現在品質が良く人気のあるものをピックアップしています。

格安SIMには、Docomo回線やau回線などがあり、自分の使っているスマートフォンのキャリアによって選びましょう。

ちなみに、SIMフリーのスマートフォンを持っている人は基本的にどれでも使えるので安心してください。(周波数の違いなどによって利用できない場合もある)

その1:UQ mobile
au回線の安定した高速回線が特徴の「UQ mobile」。

ベストバイ・オブ・ザ・イヤーの受賞、お客様満足度88%と非常に評判の高い格安SIMです。

最大の特徴は、利用者が増えるような混雑する時間帯でも安定した高速通信が可能ということです。

料金も安いので、au回線のスマートフォンを持っている人に非常にオススメです。

その2:LINEモバイル
無料通話アプリでお馴染みの「LINE」の格安SIM。

Docomo・SoftBankから選べるマルチキャリア回線に対応しており、LINEが無料で使えるプランやInstagram、TwitterなどSNSが無料で使えるプランが用意されています。

日頃からよくSNSを使うという人に、オススメしたい格安SIMです。

その3:楽天モバイル
テレビCMなど積極的に宣伝を行っている「楽天モバイル」。

楽天モバイルの最大のメリットは、街中での買い物に使える楽天スーパーポイントが貯まるということです。

月々の利用料金に応じてポイントが貯まり、貯まったポイントはアクセサリーなど商品の購入や月々の支払いなどにも使えます。

日頃から楽天スーパーポイントを貯めているという人に、ぜひともオススメしたい1枚です。

また、楽天市場など楽天サービスをよく利用する人にもお得に使えるのでいいです。

プランは最安のもので月額525円(データ通信専用)もあり、出来るだけスマートフォン代を安く抑えたいという人にオススメです。(ベーシックプラン)

ちなみに、音声通話SIMのベーシックプランは月額1,,250円です。これでもかなり安いと思います。

まとめ
今回紹介した格安SIMは、いずれも安定した通信速度を実現しているので、快適にスマートフォンを使えると思います。

また、多種多様なプランやサービスを用意しているので、自分の使用用途に合わせて最適なものを選びましょう。

では、最後まで読んでいただきありがとうございました。